お子さんが小学校低学年のうちは、まだひとりで留守番をさせるのは心許ないものです。しかし共働きの家庭ですと、そういうわけにもいきません。保育園時代は遅くまで預かってもらうこともできましたが、小学校では特に低学年のうちは午前中で帰ってくる日もあり、祖父母のお宅など預け先のないご家庭にとっては悩ましい問題です。そんな時にお子さんの面倒をみる施設として、学童保育というシステムがあります。これは、お子さんを預かって、指導員が見守る中宿題や集団遊びなどをさせながら過ごさせるというもの。自治体運営のものの他に、最近は民間企業が運営しているものもでてきました。このふたつは、費用やサービスの内容、預かる時間帯など、さまざまな面で大きく異なります。利用を考えている方にとっては、子どもたちがどのように過ごしているかは気になるところでしょう。それでは、子どもたちは、具体的に何をしているのでしょうか。

子どもが過ごせる場所を提供する自治体の学童保育

自治体運営の場合、預かってもらえる時間は、学校が終わってから18時から19時ごろまでというのが一般的です。夏休みや冬休みなどの長期休暇は朝から預かります。小学校の敷地内に併設された施設を利用する場合もあれば、公民館や児童館などを利用する場合もあります。基本的に、子どもたちは自分たちの考えのもと、自由に過ごしています。基本的に宿題も子どもたちの自主性にまかせているため、やる子もやらない子もいます。またおやつがでます。宿題、おやつ以外では、施設にあるおもちゃで遊んだり本を読んだり、指導員に外遊びの許可をもらって運動場でなわとびや鬼ごっこを楽しんだりといった具合にすごします。子どもが安心して過ごせる場所を提供することに主軸を置いているため、勉強の指導といったことはあまりしません。

さまざまなオプションサービスがある民間の学童保育

民間企業が運営する場合、共働きの家庭であることといった入所条件が一切なく、子どもを預けることが可能です。20時ごろまで預かってもらえ、さらに延長保育が可能なところもあります。遅くなった場合、有料で夕ご飯も提供されます。お風呂に入れるところもあります。送迎サービスもあり、仕事で遅くなる家庭には非常にありがたいシステムとなっています。また、宿題をする時間というのが一日の流れに組み込まれていて、子どもたちは時間中にしっかり宿題を終わらせることができます。さらに、多くところで英語やスポーツ、そろばんなどの習い事も提供しており、希望に応じて受けることができます。また施設によっては、長期休暇中のキャンプやハイキングなど、行事やイベントが体験できるところもあります。民間の学童は、親にもさまざまなサポートがあり、子どもたちもいろいろな学びや体験の機会を得ることができます。