公立の学童保育は、自治体によって料金が変わります。その月額をおおよそで見ると、3,000円から8,000円の間で推移します。その他に延長をしたり土日に預けたい場合は、1,000円から2,000円位の別途料金が掛かります。また夏休みの様な長期休業には、5,000円程度の料金が掛かる事が有ります。民間の施設に預ける場合の料金は、まず入会金に10,000円台から30,000円ほどの金額が掛かります。月額は平均して50,000円程度で、1週間当たりに何日預けるかによって増減します。月額が高いので、延長などの料金は600円程度からです。その他オプション料金を払うと、食事をさせたり風呂に入れたりと言ったケアをしてくれる場所も有ります。その他、スポーツや英語の指導をオプションでしてくれる場合も有ります。

公立の学童保育に預ける場合の料金は

公立の施設に子供を預ける場合、料金は自治体などによって様々です。その金額は月額で、おおよそ3,000円位から8,000円位の間で推移している様です。預けられる時間も施設により変わりますが、放課後から18時くらいが多く見られます。また学校の近くに併設されている事も多く、子供が自分で移動できる場合も多い為、金額や送り迎えの手間などを考えても、かなりリーズナブルな設定です。土日や長期休業の間に預けたい場合も多いと思いますが、別途料金が必要な場合と月額に含まれている場合が有り、確認が必要です。朝や夕方の延長や土日の保育の場合は1,000円から2,000円、夏休みは5,000円程度の料金が掛かる事が有ります。気軽に預けられる金額ですが、その分人気も高く競争率は高い印象です。

民間の学童保育に預ける場合の料金は

民間の施設では、公立より高額な費用を要求されます。その代り宿題をする時間を作ったり、おやつを食べさせたりと、よりきめの細かいケアをしてもらえるメリットが有ります。こちらの施設に預ける場合は、月額の他にまず入会金を支払う必要が有ります。これが大体10,000円円台から30,000円ほど掛かります。この他に月額が平均して50,000円ほど掛かり、1週間当たり何日預けるかによって変わってきます。月額の料金が高い為、延長などのオプション料金は600円程度から、と言う場所も多くあります。その他、食事や入浴などオプションを追加すれば、学童で全て見てくれたりもします。こちらの料金も、600円台位から依頼できます。また施設によっては、また別料金でスポーツや英語学習などの指導をしている場所も有ります。